なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

LANDMINE MARATHON『Gallows』

Landmine-Marathon-Gallows.jpg


女性ヴォーカルを擁する米国アリゾナ州の“デス/グラインド/ハードコア・パンク・バンド”の4作目。
音楽的にもフィールド的にも微妙なポジションの
こういうバンドがコンスタントに活動を続けていることも嬉しいし、
今回も間違い無しである。

地鳴りドラムではなくブラスト・ビートとはいえ、
ハードコア・パンクがかったデス・メタルとグラインド・コアの間を行くサウンドと
ツイン・ギターを活かしたドラマチックな曲の持っていき方も含めて、
やっぱりBOLT THROWERを思い出す。
だが根がクラスティなハードコア・パンクのヘヴィ・サウンドで押すのだ。
LANDMINE MARATHONならではの個性を完全に確立している。
ギタリストの一人が手がけた録音とミックスも適度に荒く、
いい意味でメタルすぎない音作りも功を奏しているのであった。

“デス・スクリーム・ヴォイス”とはいえ女性が発していることがわかる生々しさがイイ。
彼女の発声はパンク系によくある芝居がかったやつではなく、
どちらかといえばニュースクール・ハードコア系に近い。
曲によってギタリストやベーシストの男性極太ヴォイスも挿入。
歌詞はストレートなメッセージ性を強く押し出しているわけではないようだが、
女性をメインの登場人物にして描いている曲が多くて深読みできる。

“no tears no noise”。
打ちひしがれた者たちの声が聞こえてくる。
気合十分の一枚だ。


★LANDMINE MARATHON『Gallows』(PROTHETIC 10118-2)CD
デジパック仕様。


スポンサーサイト

コメント

聴いたことないので早速〇ィスクユニオン行ってきます(笑)

ジャケがバイキングメタルっぽいですね(^_^)

ITOさん、書き込みありがとうございます。
ビミョーなジャケットの作品もだしているバンドですが、そういう点でもますます本格派になってきているバンドだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/627-422bc68b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん