なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

VANNA INGET『Allvar』

VANNA INGET『Allvar』


女性ヴォーカルを擁したグレイトなバンドが
特にスウェーデンのアンダーグラウンドから続々と出てきている中、
このVANNA INGETのデビュー・アルバム『Allvar』も実に素敵な一枚である。

女性男性のツイン・ヴォーカルのMASSHYSTERIとスタイルは違うが、
スウェーデン語でまっすぐに歌い走るから近いニュアンスの切ないパンク・ロックだ。
英語で歌っていたらBOMBETTESのようにサウンド全体がストレートにもなっていただろう。
たおやかで線の細いヴォーカルが綴るスウェーデン語の歌メロがすごく引っかかる。
胸に突き刺さる。
わざとらしさのかけらもないからだ。

サーフ・ロックとNEW ORDERが混ざったようでもあるデリケイトなギターと
モータウンのガール・ポップ系のビートだが、
非英語をパンク・ロックに乗せたクールな“屈折感”でASSASSINATORSもイメージする。
ただVANNA INGETはツー・ビートで飛ばすことはない。
すべてアップ・テンポとはいえ、
ほとんどエイト・ビートだ。

パンク・ファッション雑誌が抜け出てきたようなやつじゃなく、
ナチュラルなパンク・センスを感じさせて実は洒落ているメンバーのヴィジュアルも実にクール。
ピュアな声と音のかけらの疾走に胸が締めつけられる一枚だ。


★VANNA INGET『Allvar』(HEPTOWN 58)CD
↑のジャケット画像はぼくが買ったものとは微妙に違うが、
基本的なデザイン・イメージは同じ。
3面デジパック仕様の約26分10曲入り。


スポンサーサイト

コメント

行川さんはいずれ書いてくれると思っていました(笑)


音はパンクからは脱皮してると個人的には感じました。
特にスウェーデン、ポーランドは多い気がします。


30代~40代好みな大人のパンクといいますか...。

ITOさん、書きこみありがとうございます。
確かにポーランド、スウェーデンの現在進行形パンク・ロックはいい意味で大人な印象ですね。子供っぽくて甘えにも映る旧態依然の無責任なパンクを突き抜けている、そんなニュアンスも好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/631-e8f6cd2d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん