なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

CHRISTIAN MISTRESS『Possession』

posession_1400.jpg


女性シンガーとツイン・ギターを擁して米国北西部ワシントン州オリンピア拠点とする
5人組の“ピュア・ヘヴィ・メタル・バンド”のセカンド。


オリンピアといえばリベラルなオルタナティヴ・ロックやいわゆるインディ・ロックの地としても知られ、
そういった風土を反映しているのかCHRISTIAN MISTRESSも
いい意味でコテコテの“強欲マッチョ・メタル”ではない。
これまたRELAPSE Recordsとの契約も納得の“境界線上”のグレイトなメタルなのである。

本作をプロデュースしたティム・グリーンがまさにオルタナティヴ・ロック系の人間で、
DISCHORD RecordsのDCポスト・ハードコア・バンドのNATION OF ULYSSESで活動していた人。
ただティムはその後の90年代半ばからギターを弾いていたバンドのFUCKING CHAMPSで、
インストながらもAT THE GATESやIN FLAMESも思わせる曲をやっていたから、
かなりのメタル好きと思われる。
さらにMELVINSがIPECAC Recordingsに移籍してから最初に出した
90年代末録音の3連作を手がけたのもティムだから、
今回も合点がいくつながりだ。
そんな感じでメタル寄りではないプロデューサーだけに、
いわゆるコンプをかけて音圧を上げたモダンなメタルの音作りをしてない。
要は“素顔の響き”なのである。


ツイン・ギター大活躍でリリカルなアルペジオを挿入するサウンドにもかかわらず、
NWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)と呼ばれているムーヴメントから出てきた
80年代初頭のバンドに通じる、
パンク・ロック混じりのハジけたサウンドが深化。
以前からアンダーグラウンドのパンク/ハードコア界隈からも注目されてきたのもうなずける。
ヘヴィ・メタルの伝統をコンパクトにまとめたフックのある曲作りは
根がロックンロールであることを示す。
BLACK SABBATHやLED ZEPPELIN、JUDAS PRIEST、IRON MAIDEN
“ロックンロール・チューン”を凝縮したみたいなのだ。
アメリカン・バンドならではと言える、
おおらかなグルーヴ感でロッキン・テイストも高まっている。

女性ヴォーカルもすこぶるクールだ。
ヘヴィ・メタル系の女性シンガーに多い“オンナ”を前面に出した表現とは一線を画し、
かといって姉御肌でもない。
プライヴェイトな内容のようでさりげなく主張も潜む歌を、
共感を求めぬまま突き放すかのように解き放つ。
たおやかな歌声もときおり流し込み、
スウェーデンのドゥーム・メタル・バンドのFAITHのカヴァーである「Possession」も、
妖しい仕上がりでたまらない。

バーとレコーディング・スタジオで
“ファック・ユー!サイン”と“ピース・サイン”の指使いも巧みなメタル“お馬鹿”ポーズをキメる、
ブックレット掲載のムサイ男たち乱舞のおちゃめなモノクロ・メンバー写真も非常に楽しい。
こういう愉快かつメタリック・ハイ・センスな人間たちがやっているバンドの音楽がクソなわきゃない。
メンバーが着ているTシャツではGUNS N’ROSESとANGEL WITCHのやつが確認できるが、
そんなところにも表れたメタルやロックや音楽に対する素朴な愛情と敬意があふれた、
素敵なアルバムである。


★クリスチャン・ミストレス『ミストレス』(リラプス・ジャパン YSCY-1235)CD
日本盤は歌詞の和訳が付き、
インスト・ファスト・ナンバーのボーナス・トラック1曲追加の約44分10曲入り。
16ページのオリジナル・ブックレットも封入されている。


スポンサーサイト

コメント

1stから購入して、是非とも聴いてみます!!

ITOさん、書き込みありがとうございます。
オススメです。
いつも色々な音楽に関心いただいて持っていただいてることが伝わってくる言葉も励みになっています。今後もコメントよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/699-2b74cdf8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (295)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん