なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MIGRAINE『Four Humors』

MIGRAINE『Four Humors』


サンフランシスコ近郊のベイエリアを拠点とするハードコア・パンク・バンドの3枚目の7”EP。
LOS CRUDOSのフロントマンとして知られるマーティンのレーベルからのリリースということで、
前2作よりジャケットの作りも凝っていて存在感ありありだが、
レコードの中身の方もますます強力である。

左右のスピーカーの間で革命が起こっているかのように
ひたすら軋みがレコード盤を支配する。
30人ぐらいがひしめく狭いライヴ・スペースで
ささくれだったハードコア・パンクのガレキをひたすら放射しているかの如し。
最高潮のときの横浜のIMPARAが繰り広げるカオティック・ステージも彷彿する。

まさにrawの極みにもかかわらずすべての音が一粒残らず聞こえてきて皮膚に突き刺さる。
日本のバンドのCDによくある音を殺しているみたいな作りとは対極の、
いわばレコードならではの彫りが深く眼球直撃の火花を散らす音像に覚醒される。
音楽にロックに何が成し得るかのヒントもここで鳴り響き轟き続けている。
歌詞がわからなくてもまずはサウンドそのものがメッセージだと突きつける一枚。


★MIGRAINE『Four Humors』(LENGUA ARMADA LA-73)7”EP
英語で綴られたインナー・シート封入の4曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/703-b55846ce

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん