なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

FISTULA『Loser』

FISTULA - loser


米国中西部オハイオ州クリーヴランドの“激重ブルータル・スラッジ・コア・バンド”の6曲入り。
比較的コンスタントながらも変則的な形で2000年代初頭から曲を世に放ってきたバンドで、
この音源自体はもともと2010年に発表されていたもののようだ。
昨年終盤にLP化されてやっと聴いた。

スロー・チューンでクダを巻く中に
ハードコア・パンクも無理やり挿入して容赦なき無慈悲な責めの強度を高めている。
ANAL CUNTの元メンバーで、
その90年代後半の数枚のアルバムでも叩いているネイト・リネハンがドラマー。
「I'm Glad Nate's Not In AxCx」ってなオチャメなタイトルの曲も披露する。

といっても全体的に極めて鈍重であることに変わりはなく、
ベースとユニゾンのキック・ドラムがモコモコ轟く異様な音作りに仕上がっている。
彼らには2010年のCD『Goat』みたいに比較的クリアーな音の作品もあるが、
このLPでは笑っちゃうほどグロい音質で勝負する。
ノイズ・サンプラーが涼しい風を吹き込んでくれるとはいえ、
天井が低い狭い臭いライヴ・スペースで聴いているみたいで逃げ場無し。
地下生活者の宴に巻き込まん!とばかりの勢いで、
ネガティヴ・オーラ全開のヴォーカルが
嫌悪感と厭世感に彩られた精虫を撒き散らして万全だ。

問答無用のアルバム・タイトル同様にB級ホラー映画の淫獣みたいなジャケットにも
土下座せずにはいられない気分になる。
MORNEのメンバーも在籍したスラッジ・コア・バンドGRIEFの後期みたいな優劣を超越したアートワークだが、
それもそのはず、
ジャケットはGRIEFのエリックが手がけているのであった。

入っているのは6曲だけ。
だが20曲以上浴びた気分にさせるほど胃もたれ胸やけ耳だれ必至の濃密盤。


★FISTULA『Loser』(PATAC #18)LP+DLクーポン


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/715-1fd1a470

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (95)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん