なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

CROSS STITCHED EYES『Decomposition』

CROSS STITCHED EYES『Decomposition』


前作に引き続きジェロ・ビアフラ(元DEAD KENNEDYS)のレーベルから出た、
“デス・ロック・バンド”のセカンド・フル・アルバム。

バンドのfacebookのデータを参考にしたところ現在の正式メンバーは3人のようである。
UK SUBSが初来日したときのドラマーでALARICでも叩いているジェイソン・ウィラー(vo、ds)と、
AMEBIX解散後にバロン以外のメンバーがやっていたZYGOTE出身のティム・シャプランド(g、kbd)
もメンバーだ。

ヴォーカルも含めて“AMEBIX meets KILLING JOKE”といった趣で
ところによってRUDIMENTARY PENIのようなところも感じるが、
病的というよりは骨太なサウンドである。
ポスト・パンクとかではなく、
歌詞もひっくるめてあくまでもパワフルなパンク・ロック。
GERMSみたいな加速度も内包しつつ、
キーボードが聞こえてくる曲では45 GRAVEみたいなゴス・テイストも有し、
7分近くのラスト・ナンバーで極めるヘヴィネスも身上だ。

ここ数年の“JOY DIVISIONフォロワー・パンク・バンド”とはまったく違う、
米国ベイエリアと英国とドイツの人間がリンクして生まれた剛腕の一枚。


★CROSS STITCHED EYES『Decomposition』(ALTERNATIVE TENTACLES VIRUS 435)CD
六つ折りポスター・ジャケットの約27分27曲入り。


スポンサーサイト

コメント

もうZYGOTEのギタリストっていうだけで美味しい!あのギタリストは良いもの持ってます!

かくさん、書き込みありがとうございます。
ZYGOTEは元AMEBIXで語られますが、ギターもいいですね。レコードが入手しにくくなっているからかもしれませんが、やはり過小評価かと思います。

ついにゲットして聴きました。もう、まんまZYGOTEな曲も数曲あって唸りましたね。いつもZYGOTEを聴いててこの明らかにSTIGじゃない音を後のほうでセンス良く出してるギターはタダ者じゃないと思っていて、このギタリストがZYGOTEだけで終わる人だとは思えなかったですし、その他を追ってみたいと思っていました!本当に過小評価ですね。あのドライビング感と実は繊細さは色んなジャンル好きの人にヒットすると思います。数年前、行川さんの「パンク/ハードコア100」も出てすぐ買って、(100以外の細部も含めて)聴いてないやつを買っていってるんですが、名前は知ってたけどこんなに良かったのかっていうバンドをたくさん知る事が出来ました。そういう時の感動が1番です。

かくさん、書き込みありがとうございます。
確かにZYGOTEそのままの曲もありますね。特にこういうアンダーグラウンドのパンク/ハードコア界隈は、一ミュージシャンとして評価されることはあまりないですね・・・それ以前にバンドそのものが過小評価なものか大半ですから。UK SUBSのドラマーとして来日したときも存在感があったシンガーも捨てがたいですね。ファースト・アルバムも入手しやすいと思います。
あの本を読んでそういうふうに感動を得てもらえるとうれしいです。あの本はよく知られた100枚(実際はそうでもない)で終わらないように<仕掛け>がありますから。ぼくもそういう感動を求めて聴き続けているようなものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/766-be081886

まとめtyaiました【CROSS STITCHED EYES『Decomposition』】

前作に引き続きジェロ・ビアフラ(元DEAD KENNEDYS)のレーベルから出た、“デス・ロック・バンド”のセカンド・フル・アルバム。バンドのfacebookのデータを参考にしたところ現在の正式メンバーは3人のようである。UK SUBSが初来日したときのドラマーでALARICでも叩いて...

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん