なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

WORMSBLOOD『Mastery Of Creation Demos』

Wormsblood.jpg


昨年珠玉のファースト・アルバムをリリースした女性ヴォーカルを擁するJEX THOTHのメンバーの、
ゾディアック(クレイ・ルビー)が中心になったカリフォルニアのブラック・メタル・プロジェクトのCD。
2008年の音源を前半に、
2004年の音源を後半に収め、
クレジットから察するにいずれもデモ・レコーディングのようだ。


意図したものか事故かは不明だが途中でブツ切りになる曲も多いし、
音質もまさにデモ音源そのもの。
だからこそ生肉の如き強烈な匂いを発している。
ポンコツというよりはプリミティヴ&ドラマチック。
人間の思い上がりを象徴するマッチョな方向性とは対極の、
土に帰るみたいな原始の響き。
こもりつつも刃先が鋭い音は断末魔の息吹みたいで重苦しい。
キーボードやアコースティックな楽器も使っているようだが、
基本的にロック・スタイルで外向きの音。
といっても世の路から完全に逸脱しているからメタル的な整合感はゼロ以下で、
それどころか民俗音楽も現代音楽も崩れたままフリーキーに溶けこみ、
サイケデリックな混沌の空気感にめまいがしてくるのだ。

アートワークを見て、
RUDIMENTARY PENI(英国の老舗ダーク・アナーコ・サイキック・パンク・バンド)を思い起こしたのは、
ぼくだけではないだろう。
神経症的な筆致に相通じる意識を感じる。
わざとらしいと言い切れぬ奇声も含めて“危険物”の一枚。


●WORMSBLOOD『Mastery Of Creation Demos』(BARBARIAN barb614)CD


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/77-39423f69

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん