なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

LANDMINE MARATHON『Landmine Marathon』

landmine marathon


女性ヴォーカルを擁する米国アリゾナ州の“デス・メタリック・ハードコア・パンク・バンド”の2曲入り。
4作目のアルバム『Gallows』と同時期の昨年4~6月に行なったレコーディングである。
発売元はLANDMINE MARATHONのアルバムのLPを出しているレーベルで、
アンダーグラウンドのグラインド・コア/スラッジ・コア系をよくリリースしているところだ。

A面の「Bastard Child」はブラスト・ビートを多用したグラインド・コア寄りの曲で
デス・グラインドとも言いたくなるほどだが、
やはりメタルというよりハードコア・パンクである。
ファーストの頃のBRUTAL TRUTHに初期BOLT THROWERが混入したかのような凄まじさ。
B面の「Giving Her Death」は、
EP『MEMTALLY MURDERED』(89年)の頃のNAPALM DEATHとBOLT THROWERのヘヴィ・ミックス
とも言える。
メタル・クラストの質感の音色もたまらない。

むろん今回もヴォーカルも単なるデス・ヴォイスとは一線を画す生々しさを呈している。
どちらもなぜアルバムから外したのか一瞬不思議に思うほどグレイトな曲だが、
アルバムの中で浮きそうなほど個性が際立つ曲だ。
一線を越えた強力盤である。


★LANDMINE MARATHON『Landmine Marathon』(DEEP SIX 170)7”


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/806-58b7cf9a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん