なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MAGMA ’09 at 横浜ベイホール 2009年9月20日(GBH、EXPLOITED、DISCHARGE、鉄アレイ、HARLEY’S WAR etc.)

MAGMA.jpg


BAD BRAINSなどがドタキャンした去年の例があるし、
今年も数日前にメンツが入れ替わったりしたから、
当日出演バンドを確認してからチケット購入。
厳重&屈強な“ブラック・セキュリティ”のボディ・チェックを受けてから途中入場。

結論を言うと、
多少不備はあったかもしれないが、
思い入れを抜きにしてもドリンク代込みの7300円は決して高くはなかった。
“シルバーウィーク”なんてものとは無縁の、
パンク/ハードコアの古参たちの現在進行形の姿を見られてホントいい体験をした。

全バンドを集中して向き合うことは難しいからちゃんと観たものだけ書く。


HARLEY’S WARは元CRO-MAGSのハーレー・フラナガンのバンド。
「World Peace」などのCRO-MAGS時代の曲も多少混ぜつつ、
RAMONESのような曲もやっていて“ハードコア・パンク・ロック”といった印象だ。
12歳のときにやっていたSTIMULATORSがシンプルなパンク・ロックだったから原点に戻ったとも言える。
とはいえ小柄ながらも超マッチョなボディでベースを弾きながら歌う様はやっぱり迫力十分。
数々の武勇伝のイメージとは裏腹にフレンドリーで、
対バン的に多少“アウェイ”な状況ながら(ただし後で登場する外国の全バンドでコーラス飛び入り参加)、
熱心なファンの人たちを中心に盛り上がっていた。


MERAUDERの初来日のときも思ったが、
鉄アレイはニューヨークの武闘派ハードコアの前後にやってもフィットするし、
「リスペクトしている」と言うこの後に出た3つの英国のバンドの要素も内包している。
MCでマグマのやり方に苦言を呈しつつ、
ロックの芯に貫かれた筋金入りのハードコア・パンクでいつも以上に熱いパフォーマンスを展開。
大きめの会場の高いステージが似合うバンドだから見ていても気持ち良さそうなプレイで、
笑顔でステージを去っていった。


DISCHARGEは「Hear Nothing See Nothing Say Nothing」からスタートし、
続いて「The Nightmare Continues」…というわけで否が応でも盛り上がる…というよりは、
個人的には緊張感が高まった。
特別中の特別なバンドだからほとんど固唾を呑んで見守るばかりであった。

たとえDISCHARGEの顔のキャルが不在でも、
今回のメンバーは誰もいなかった91年の初来日時のDISCHARGEはもちろんのこと、
ボーンズが脱退した83年以降のDISCHARGEよりも、
DISCHARGEらしかった。
ボーンズのギターとレイニーのベースのコンビネーションこそがDISCHARGEだと再認識したのである。
スキンヘッドでキメて生気に満ちたボーンズのあのギターも、
浮世離れした仙人みたいなヴィジュアルのレイニーのあのベースも、
レコードのニュアンスそのままということにも少なからず感激した。
確固たる自分自身の音をもっていて、
おのれの中から音をえぐり出すかのようにライヴ中ほとんど右手しか見てないクールな演奏光景も同じ、
オリジナル・メンバー二人のケミストリーがDISCHARGEを決定づけてきた。
いくらフォロワーが研究して“こしらえて”も決してマネできない、
制御不能で荒っぽく味のあるハードコアな音のオリジナリティをあらためて強く感じたのだ。

MCをはさみながらボーンズ在籍時に発表した曲のみが次々と繰り出され、
「Never Again」「Protest And Survive」「A Hell On Earth」「Cries Of Help」「Realities Of War 」
「Fight Back」「Ain't No Feeble Bastard」「A Look At Tomorrow」などを披露し、
現ヴォーカルのラット(VARUKERS)加入後の曲の数々もホントしっかりハマっていた。

メタボな腹は“減点1”だが、
他のメンバーがほとんど動かないだけにラットは十分に健闘し、
しっかりとDISCHARGEを引っ張っていた。
ラットが他のメンバーのケツを蹴飛ばして活を入れていたような最新作『Disensitise』のムードだが、
そのアルバムよりもはるかに一体感が高まっていたことも疑いようもない。
本編最後は例によって「Decontrol」で、
アンコールは「The Possibility Of Life’s Destruction」「State Violence State Control」であった。


EXPLOITEDはギタリストとベーシストはやや流動的だが、
ヴォーカルのワッティーの弟さんが今回もドラムを担当。
というわけでリズムがビシッ!と引き締まっていたことも手伝い、
今までの来日公演とは違って“正統派”の赤いモヒカンでキメたワッティーのビールっ腹が貫禄に見えるほど、
パーフェクトなステージだった。

91年の初来日時のクラブチッタ川崎におけるライヴと同じく「Let's Start A War」でスタート。
ステージ前はみるみる人であふれていって集客も盛り上がりもこの晩最高だった。
それも当然だろう。
演奏陣がしっかりと曲を盛り立てているのも大きいが、
やはりワッティーのパフォーマンスは別格だ。
なにしろよく動くし、
しかも中途半端なポーズや無駄な動きはゼロで、
まるで曲が始まったら血が沸騰してカラダが止まらないみたいなのだ。
猪突猛進の勢いの一声一声に対する集中力がハンパじゃなく、
衰えを知らぬヴォーカルの勢いや加速度も尋常じゃない。
数々の武勇伝を持つフロントマンであるにもかかわらず愛嬌も十分だし、
次々と観客に飲み物をあげていたのも意外とポイント高い。
いい意味でプロフェッショナルな魂の塊なのだ。

「Dogs of War」「Punk's Not Dead」「Cop Cars」「Army Life」「Sex & Violence」「I Believe In Anarchy」
「Alternative」「UK 82」、そしてVIBRATORSのカヴァーの「Troops Of Tomorrow」など、
80年代初頭に発表した曲が目立った。
けど目下の最新作『Fuck The System』(2003年)などの90年代以降の曲もけっこうやっていた。
それはむろんバリバリの現役であることの証拠だし、
そういう新しめの曲のウケもいいのは昔の曲と比べても不変だからである。
もともとセットリストに挙げていたのかもしれないが、
途中からファンからのリクエストが飛びまくっていた「USA」で締めたのも心憎いのだ。
ワッティーを惚れ直したし、
パンク/ハードコア・マニアからは邪険にされがちなEXPLOITEDのライヴが大盛況だったことも、
ぼくはとてもうれしい。


そしてこの晩のトリはGBH。
ドラマー以外はオリジナル・メンバーという結束の固さを誇るが、
その3人が引き締まったボディだったことでまずポイント・アップ。
人生が刻まれた顔もみんな渋かったが、
ステージングの方もいい意味で“老練”とも言える味があった。

最初の方から「Ha Ha」などの比較的新しめの曲で攻めるなど、
一度も解散せずコンスタントに活動しているバンドとしてのプライドを感じさせるセットリストだった。
ティム・アームストロング(RANCID)のレーベルのHELL CAT Recordsからリリースする話もある、
新作の曲もなかなかクールだった。
とはいえ猛烈にお客さんが暴れまくるのが初期のシンプル&ファスト・ナンバーなのは、
ワンマン・ライヴとは違うから致し方ないだろう。
82年のファースト・フル・アルバム『City Baby Attacked By Rats』の曲の数々、
恒例の「City Baby Attacked By Rats」と「City Baby's Revenge」のメドレー、
もちろん「Give Me Fire」「Diplomatic Immunity」も披露。
本編の最後は、
なんとCLASHの「White Riot」のカヴァー。
しかもEXPLOITED、DISCHARGE、HARLEY’S WARのフロントマンなどもゲスト参加し、
にぎやかな大団円となったのである。

アンコールを求める声が小さかったため、
EXPLOITEDのワッティーがステージ前に出てきて「GBH! GBH!」と煽る一幕も微笑ましかった。
そしてGBHは「No Survivors」をプレイ。
続いて、
なんと英国パンク・シーンの”ゴッドファーザー”のチャーリー・ハーパー(UK SUBS)が登場し、
チャーリーのリード・ヴォーカルとGBHの演奏でUK SUBSの「Tomorrow's Girls」をやったのである。
UK SUBSはEXPLOITEDもカヴァー(「Warhead」)したバンドだ。

ステージの袖などには日本のバンドもハーレーもいたわけだが、
イギリスのベテラン・パンク・バンド同士のつながりの深さを目の当たりにして、
少なからず目頭が熱くなった。
みんなホントいい顔をしていた。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/81-3881b68f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん