なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画『わたしたちの宣戦布告』

main_convert_20120815131421.jpg


難病を抱える幼児を持ったカップルが奮闘する2011年のフランス映画。
ヴァレリー・ドンゼッリ(監督・脚本・主演)とジェレミー・エルカイム(脚本・主演)に加え、
その二人の子供の間で起こった実話が元になっているという。
実際のカップルだったヴァレリーとジェレミーが夫婦を演じ、
二人の間にできた息子も出演している。

いわゆる感動ものだが、
陳腐な家族の絆を超えていく流れが爽快ですらある。
夫婦の名がロメオとジュリエットで息子の名がアダムというネーミング自体、
ロマンチックなポップ感がいっぱいでクールとすら言える“確信”に満ちている。

sub_02.jpg

パンク系のロックが流れるクラブで出会ったロメオとジュリエットは一瞬で恋に落ち、
やがてアダムという名の男の子をもうける。
だがアダムは一般の赤ん坊と比べると様子がおかしく、
病院で看てもらって精密検査を受けて結果がわかってから生活が一変したのであった。
ここまでが全体の1/3ぐらいだが、
シンプルなストーリー展開だからあとは見てのお楽しみということにさせていただく。

sub_05.jpg

まずヘヴィかつ深刻な映画にもかかわらず
フランス映画ならではの優雅な空気感がたまらない。
たとえギスギスしたシーンであっても
淡い色調の映像によりやわらかいムードに覆われている。

ロメオとジュリエットの軽やかな身のこなしもたいへん鮮やかだ。
湿っぽさゼロ以下でハジけている。
先が見えないいらだちを抱えているだけに、
はっきり道筋を示さない医者に食って掛かろうともする。
だが笑い飛ばすとは言わないが、
どうしたって逃げることができない重苦しい現実を受け入れて覚悟を決めたからこそ突き抜けることができる。

sub_03_convert_20120815131820.jpg

序盤の出会いから現在進行形の状態を披露するラストまで、
あくまでもラヴ・ストーリーが骨子というのも大きい。
むろん難病の子供を放置するなんてことはなく病気と闘い続ける。
特殊な治療を擁するためか莫大な金がかかる。
ジュリエットが裕福な家庭の生まれとはいえ援助をあまり受けなかったのか、
ロメオはカード会社から“失効”を通告される。
必死だ。
でも精神的に双方の家族にも支えられながら、
ロメオとジュリエットは“闘争”を楽しんでいる。
エンジョイすることをわかっている。

日々の奮闘によってお互いが真剣勝負の連続で向き合い
ソウルメイトみたいな感じになっていったと思われるロメオとジュリエット。
二人の関係は正直ゆえに一般的なカップルのしあわせとは違う形に“進化”するが、
それもフランスだなぁ・・・と自然に納得させられる作りも見事と言うほかない。

sub_01_convert_20120815132008.jpg

シャープなセンスの選曲で多彩な音楽が効果的に使われているところもポイントが非常に高い。
パリのポスト・パンク・バンドのFRUSTRATIONからはじまり、
バッハやエンリオ・モリコーネやローリー・アンダーソンまで、
単なる添え物ではなく場面場面を守り立てている。
大きめの音量で曲を挿入しているのはシーンごとに自分たちをしっかり鼓舞するためにも思えるし、
一種のDJ感覚で音楽を入れて楽しもうとしているのもまたこの映画にふさわしい。


“お涙ちょうだいもの”とは違う“ヤられた・・・”ってな気分になる
すがすがしい佳作である。


★映画『わたしたちの宣戦布告』
2011年/フランス/100分/HD/カラー/シネマスコープ
9月15日(土)、東京・渋谷Bunkamura ル・シネマ、大阪・シネ・リーブル梅田で公開。
以降、全国順次上映。
http://www.uplink.co.jp/sensenfukoku/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/821-840998ce

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん