なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

LYNYRD SKYNYRD『Last Of A Dyin’ Breed』

LastOfADyinBreed+Cover_766_DC_convert_20120822141136.jpg


名実共にサザン・ロックの雄と言える米国南部フロリダ州ジャクソン出身のバンドが
『God & Guns』Vから3年ぶりにリリースした13作目に数えられるオリジナル・アルバム。


元BLACK CROWSのジョン・コルトが新ベーシストとして加入したとはいえ、
本作のレコーディングはドラムと共にベースも“ヘルパー”が演奏しているが、
むろんまったく問題無し。
74年のヒット曲の「Sweet Home Alabama」級のキャッチーな曲が多く、
それでいて塩辛いスパイスと甘いアルコールが利いており、
問答無用に明快なサザン・ハード・ロックンロールと言い切りたい。
レゲエのリズムが背骨になった曲あり、
重低音がうねる曲あり、
“カントリー・ハード・ロック”と呼びたい曲あり、
ピアノが目立つリリカルなドラマチック・ナンバーありで、
威風堂々。
やさしくストロングな曲がまったりと押せ押せなんである。

唯一のオリジナル・メンバーであるゲイリー・ロッシントン(g)によれば、
「メンバーがスタジオで一緒にプレイして楽曲を作り上げていった」らしいが、
歌を軸にしたテクスチャーの曲ばかりだ。
あらためてノイズ・インプロヴィゼイションみたいなものは非常階段が極めたように思える昨今、
こうやってしっかり曲を書いてプレイしているバンドの地に足の着いたサウンドに惹かれる。

ぼくも80年代までこういうアメリカン・ロックは
ブルースを引きずっていて伝統にのっとっているから“敵”!ですらあったが、
今思えばカンボジアの虐殺者ポル・ポト・・・いや・・・どこぞの原理主義者みたいな頭である。
斬新に見せかけたトリッキーなやつや陳腐なレベル・ミュージックといった、
頭デッカチで実は血が通ってない“唯物史観”みたいな音楽の浅はかさがどんどん見えてくるにつれ、
こういう心と肉の滑らかな汁で潤った響きがリアルに迫ってくるようになった。
生活が聞こえてくるサウンドだからウソがない。
自分を切り開いて歌っている音楽はプリミティヴな感情の震えがナマのままだから人間が聞こえてくる。

だからこそ当代のロック最前線のバンドたちにも命のグルーヴが直結している。
実際どの程度影響を受けているのかはわからないが、
まったりした曲が多いとはいえヘヴィな音作りの本作を聴くと、
MELVINSやHIGH ON FIREBARONESSといった
ハードコア以降の“現在進行形アメリカン・ヘヴィ・ロック・バンド”が、
LYNYRD SKYNYRDの流れもくんでいることがわかる。
あまり直で影響は反映されていないが、
BRUTAL TRUTHのメンバーも大ファンだったりして、
細かいジャンル問わずアメリカンのロックな人間はLYNYRD SKYNYRDファンが多い。
みんな根が不変の音楽性と同じく揺るぎない歌にも打たれているとも思われる。

実にイイこと歌っている。
人生の歌にしてもラヴソングにしても達観したかのように太っ腹。
こせこせしてない。
ジャケットどおりの世界観である。
LYNYRD SKYNYRDは“流行り”に流されて取って付けたメッセージを歌うようなことはない。
そんなのいちばんかっこわるい。
だからこそアルバム・タイトルも意味深長だ。
“すたれる運命にあるものや絶滅しかけの部類の最後の姿”・・・
このフレーズにぼくは“Fuck you”“I don’t care”の心を見る。
自嘲&自虐気味にも映るが、
実は強固な自信に裏打ちされた言葉ということは本作を浴びればわかる。

アルバムのバック・カヴァーに女性二人(参加ミュージシャンだろうか)と共に映るメンバーが、
期待を裏切らないムサいヴィジュアルなのもうれしい。
むろんわざとらしく不潔ってのと違う。
生活がルックスになっている。
77年に飛行機事故で他界した兄の後を継ぐ二代目シンガーのジョン・ヴァン・ザントの
暑苦しすぎず風通しのいい歌声が象徴するように、
煩悩から解き放つ一枚。


★レーナード・スキナード『ラスト・オブ・ア・ダイイン・ブリード』(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-14576)CD
12ページのオリジナル・ブックレットに加え、
日本盤は本編とダブらないスタジオ録音の4曲(歌詞付)と「What’s Your Name」のライヴを追加し、
ボーナス・トラックのライヴの曲以外の全曲の歌詞の和訳が読みやすく載ったブックレットも封入。
約64分16曲入り。


スポンサーサイト

コメント

くーっ!行川さん節炸裂ですね。ジャンルレスにこういう音楽を探しています。前にこのblogで紹介されていたWOLDなんかはノイズアーティストの作品よりも、それを感じるから好きなんです。あと、行川さんは映画本の予定はないんですか?

こんばんわ。

私も、レーナード・スキナード、大好きです。
ハードコア界隈でも WARZONE のレイ(R.I.P.) がTシャツを着ていましたっけ。

本作のタイトル"Last Of A Dyin' Breed" は93年の"The Last Rebel" 表題曲の歌詞

There'll never be another like him
He's the last of a dying breed
Ain't no use in tryin' to tame him
'Cause he's the last rebel

から取られていると思うのですが、MOLLY HATCHET や BLACKFOOT がメンバーチェンジをしつつ現在も活動を続ける中にあってやはりレーナードの音というのは別格だと思いますし、目まぐるしく移り変わる音楽シーンにあって長きに渡り「サザン・ロックを引っ張ってきたバンドの矜持」を感じさせてくれるのはとても嬉しいです。



書き込みありがとうございます。
>かくさん
ジャンルレスなのはもちろんで、結局は音楽に対して誠意を感じるかどうかですね。攪乱もしたいのでこういうところにノイズ・バンドの非常階段の名前をあえて出してもいるのもその一環ですが、ノイズ系でもWOLDみたいなのに可能性感じます。
本は扱うものが映画だけにならないと思いますが、近い将来また出してもらえるかもしれません。
>BANDITさん
興味深い書き込みに感謝します。サザン・ロックは保守的なイメージでずっと相容れない系統だったのですが、メンバーは変わっても筋金入りの本物はジャンル関係なくリスペクトですね。
WARZONE周辺のある種の保守性を考えるとうなずけますし、ルックスも近いものを感じます。やっぱりアメリカのロック野郎はみんなここいらを通ってきているんだなって。
底が浅いものがますますダメになってきているので、こういうのにグッときます。サザン・ロックものだとMOLLY HATCHETが一番好きで、彼らのアートワークの絵師にHIGH ON FIREもジャケット画を頼もうとしたらしいですが、以前ギャラが高くて断念したみたいです。ここいらはアメリカン・ロックの王道でありつつ、実は<ロックの細道>ですね。

音楽の保守性

返信、どうもありがとうございます。

MOLLY HATCHET のジャケットというと初期のフランク・フラゼッタ以降、"No Guts, No Glory" と ライヴ盤以外は皆、「フラゼッタ・スクール」な絵師で彩られているのが彼等のトータル・イメージなっていてとても魅力的です。

サザン・ロックの保守性というと以前、基地の中に住んでいたことがあるのですがレーナードのシャツを着ていると中高年の白人からは概して好評で「いいね!」と声を掛けられる事が度々あったのですが、黒人や若者からは嫌な顔されたりしました。

これがもっと保守に特化してカントリーのDavid Allan CoeのツアーTを着ていたらすれ違いざまに白人のハイスクール女子からも「Shit!!!」と言われたり黒人からは露骨に「ケッ!」という顔されたり、音楽が広く認知されている半面、歌詞やアーティストの姿勢・思想に対する反感が強い部分もあるのだな、と改めて思い知らされました。

逆に、UNIFORM CHOICE や INSTED のシャツを着ているとハイスクールやジュニア・ハイの連中に指さして笑われたり、ストレート・エッジってギャグみたいな扱いされてるのだろうか?!と思ったりもしました。

長々と申し訳ありませんでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

BANDITさん、書き込みありがとうございます。
MOLLY HATCHETはジャケットと音のイメージがぴったりですね。
Tシャツの話、とても興味深いです。日本ではそこまでのリアクションはあまり感じないです。あまり極端にならず結局は周りに合わせる人が多いからかもしれません。
アメリカはストレートな物言いをするアーティストが多いから、そうなるのかもしれませんね。他人と違うことに誇りを持つような感覚、ファンも持ってそうです。着ているでもなんだかんだ言ってもバラバラで周りの目とか関係なく自己主張しているなと、やっぱり思います。つきなみながら、周りに流されずそう自身をキープしないと埋もれてしまうでしょうね。
アメリカは雑種(=ロック)だからか、やっぱり右へならえ!になりにくいところが強みだと、アメリカの色々な音楽を聴くと再認識します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/831-f09f37bc

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (238)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (89)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん