なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

Cat Power『Sun』

Cat-Power-Sun.jpg


米国アトランタ出身の女性シンガーソングライターによる9作目。
4年前の前作『Jukebox』はカヴァー・アルバムだったから、
全曲Cat Powerが書いたオリジナル・アルバムとしては『The Greatest』以来で6年ぶりになる。


グレイトだった一昨年1月の来日公演のバック・バンドのミュージャンが参加している。
ジュダ・バウアー(Jon Spencer BLUES EXPLOSION、20MILES)が2曲でギター、
グレッグ・フォアマン(元DELTA72)が1曲でキーボード、
ジム・ホワイト(DIRTY THREE)が1曲でドラム、
エリック・パパロッツィが2曲でベースを演奏。
あ、ゲストが参加した曲がもう一つある。
後期JOY DIVISIONの体温でVELVET UNDERGROUNDのリフレインをやったみたいな11分近くの曲に、
イギー・ポップが存在感抜群のヴォーカルで参加しているのもちょっとした話題だ。

彼らが参加した3曲以外は、
ヴォーカルはもちろんのこと音もほとんどショーン・マーシャル(=Cat Power)が出した独演である。
というわけでむろんセルフ・プロデュース。
彼女はギターやピアノを弾けるミュージシャンだが、
少なくてもバンドっぽい音ではない。
プログラミングを含めて少なからず“指先”で音を作っていると思われる。
とはいえ四つ打ちの曲もやろうが、
血が根こそぎ抜かれた人工美には陥らない。
とんがった生気に満ちている。
シンガーソングライターに留まらぬ音楽家としてのヴァイブレイションがずっとずっと続くアルバムである。

それにしても目の覚める音作りだ。
LPなどの別フォーマットはもちろんのことCDも音盤化する過程で音か違ってくるのかもしれないが、
ぼくが買った金色の盤面のCDはえらく音が艶っぽい。
目の前で鳴っているような響きだし触りたくなるトーンでビートが鳴っている。
BD(ブルーレイ)の映像に匹敵する奥行き十分の立体的な音像で音が生きたまま弾んでいる。
大半の曲の音を一人で作った非バンドのレコーディングの強みを活かしているし、
CDならではの可能性を感じさせるヴィヴィッドな響き。
アルコール度数が強くて甘いカクテルみたいな香りと酔い心地だ。

シャープながらも洗練されすぎず、
いなたいポップ感覚のオルタナティヴ・ロックである。
ジョージア州生まれということで、
まったく音楽スタイルが違うとしてもNASHVILLE PUSSYBARONESSらに通じる泥臭さは、
ささやかで冷めた色合いながらも体臭みたいにイイ意味で消え失せることはない。
アメリカ合衆国の土壌の奥深さを知らしめる。

歌うのは“あたい”と“あんた”、そしてその二人の“あたしたち”の言葉。
だが外に向いて突き抜けている音と同じく内向きには成り得ない。
「Human Being」だの「Peace & Love」だのの大げさな曲名も彼女らしい。
ライフスタイル的にはアルコール&“メンヘル”を経験して“やさぐれ系”の姐御肌でもある女性が
ガールズ感覚をキープしつつ、
大人のおんなならではの肩の力が抜けたナチュラル・ヴォイス。
たおやかでブルースも滲む歌声は自信に裏打ちされたストロングな表情をたたえている。

いわゆるイケイケアゲアゲの音じゃないが、
気持ちがアガる音楽である。
背骨から喉を通って脳みそから神経に浸透するクールな響きの一枚。


★Cat Power『Sun』(HIGH NOTE HN1009CD)CD
ぼくが買った↑のカタログ・ナンバーのものは、
9つ折りポスター仕様の歌詞カード封入のデジパックで
ジャケットの“SuN”の文字とCD盤がゴールド色の49分11曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/844-d3c321f6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん