なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

EYE FOR AN EYE『Krawedz』

EYE FOR AN EYE


米国ボストンのバンドの方ではなく、
女性ヴォーカルを擁するポーランドのハードコア・パンク・バンドEYE FOR AN EYEの5作目。

90年代以降のSICK OF IT ALLの流れと言えるニューヨーク・ハードコアのストロング・スタイルで、
メタリック&グルーヴィな音も振り下ろされるとはいえパンク・ロックを基本とし、
GORILLA BISCUITS以降のメロディアスな疾走も見せる。
同じポーランドのEL BANDAほどではないとはいえ
歌詞が母国語ゆえにポーランドの民謡っぽい旋律が天然ブレンドしているところがポイントだ。

メンバーは非タフ・ガイ系のヴィジュアルで
ADOLESCENTSやSUPERTOUCHやH2OのTシャツも着用し、
楽器にはD.R.I.とGOOD RIDDANCEとVITAMI Xのステッカーが一緒に貼られている。
NOFXともLEATHERFACEともEXTINCTION OF MANKINDとも・・・という具合に、
メロディック・パンクともクラストとも対バン。
というわけで国籍もジャンルも知ったこっちゃない太っ腹の意識は当然サウンドに反映される。
細けぇーこたぁーどーでもいいんだよ。

かといってEYE FOR AN EYEは
周りに流されて音楽性+歌詞+ファッションをコロコロ変える“八方美人ハードコア”じゃない。
正真正銘筋金入り。
そもそも15年以上このスタイルを続けていること自体、
様々な意味での“トレンド”に左右されない“我は我”のハードコアの核そのものだ。

竹を割ったように熱く歯切れのいいヴォーカルは熱情にあふれ、
小節の利いた喉を震わせて“歌”をしっかり聴かせる。
マッチョもヘッタクレもない。
しなやかな女性がフロントに立つバンドならではの強靭な一枚。


★EYE FOR AN EYE『Krawedz』(PASAZER No Number)CD
歌詞の英訳も載った20ページのブックレット付の約25分13曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/856-16a79644

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん