なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

GREEN DAY『¡Uno!』

green-day-uno!.jpg


約3年ぶりの9作目で三連作の一発目。
2012年のパワー・ポップであり芳醇なパンク・ロックンロールであり、
ケチのつけようがないパーフェクトなアルバムである。
北南米や全欧の各国でも日本でもチャートの上位に入ったのも当然だ。

バンドと共にプロデュースしたのはロブ・カヴァロ。
メジャー契約以降の名作を一緒に作ってきた人で、
彼が手掛けなかった『Warning』(2000年)と『21st Century Breakdown』(2009年)が弱かったことを思えば、
その重要性は推して知るべしである。

リズム・セクションの自己主張ぶりにあらためて感激する。
歌とギターの伴奏に終始してちゃどうしょうもない。
ずっと身体が加速しているからスピード感がまったく途切れないドラムは天才的だ。
ギターの速弾きと同じで手と足が速きゃいいってもんじゃない。
レコーディング自体もビートのアタック感が強い音作りになっているし、
こういう強打で抜けのいいベースとドラムは他で聴けない。

ビリー・ジョー・アームストロング(vo、g)、マイク・ダーント(b、vo)、トレ・クール(ds、vo)と並んで、
以前からツアーに参加していたジェイソン・ホワイト(g)がクレジットされているのも特筆すべきだ。
ビリー・ジョーとは90年代初頭からPINHEAD GUNPOWDERなどで一緒に活動してきている人だが、
アートワークでの扱いも他の3人と同等だからGREEN DAYが完全に4人編成のバンドになったと言える。

トリオ・バンドならでのバランスのギリギリ感がなくなったとはいえ
むろん最初から最後までビシッ!とした演奏だし、
もう何年も前からライヴでは4人(以上)でやってきているから
彩りが増したギターの厚みも違和感はない。
ちょっとしたギター・ソロも新たな魅力だ。
その一方でゲストを迎えて様々な楽器が入っていたここ数作とは違って
ギリギリまでシンプルな音で勝負したサウンドになっているのは、
曲がストレートだからでもあろう。
といっても元からヴァラエティに富むバンドなわけで、
今回も『American Idiot』(2004年)に収めても違和感のないスケールの大きな曲もあるし、
痛快な曲名の「Kill The DJ」がファンキーな曲調なのも楽しい。

ほぼアップテンポの曲オンリーだが、
麻薬的なビリー・ジョーの歌声とポップなソングライティングは、
80年代後半以降のワイルドなパンク・ロックの空気を吸ったONLY ONESに思えてくる。

理屈もヘッタクレもない音そのものの説得力に打ちのめされる。
確信に満ちた迷い無き顔面直撃サウンドの連打。
言い訳ばかりでチマチマした音なんか聴きたかない。
さすがに『Insomniac』(95年)のような重い空気感はないが、
あのヘヴィな音塊も思い出す熱くクールな一枚。


★GREEN DAY『¡Uno!』(REPRISE 93624 94871)CD
約42分12曲入り。
6つ折りポスター・ジャケット仕様で裏面に歌詞が載っている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/861-0ae6293f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (95)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん