なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

HOODED MENACE『Effigies Of Evil』

HOODED MENACE


フィンランドのドゥーム・メタル“バンド”のサード・アルバム。

遅く沈み込むパートもミディアム・テンポのところも初期CATHEDRALの流れをくむドゥーム・メタルだ。
二人だけでのレコーディングながらもバンドのような音の仕上がりで、
ギターの重ねなども丁寧に織り上げられている。
中核メンバーの前歴のPHLEGETHONやVACANT COFFINで培った
デス・メタルの野太い肝が膨張したエナジーで押す。

WARNINGあたりのエピック・ドゥーム・メタルに通じるリリカルな陰鬱の佇まいと
ANGEL WITCHのような疾走感で朽ちゆく欧州のたそがれを描き出す。
全体的に曲が長くて1曲目から10分半近くにも及ぶ。
そんなにドラマチックな展開をするわけではないが、
侘び寂びの利いた音色が味わい深く、
ちょっとしたフレーズの入れ方や曲の展開のセンスに持っていかれる。

うなるデス・ヴォイスでじっくりじっくりと言葉を編む英語で綴られた歌詞はファンタジックであり、
現実の終末のメタファー。
リアリスティックなホラー映画みたいな暗黒世界だが、
黒で塗り込めてないジャケットが象徴するように生き物の魂が息づいている。

うっすらと未来が見えてくるクールな“ロック・アルバム”だ。


★フーデッド・メナス『エフィジーズ・オブ・イーヴィル』(リラプス・ジャパン YSCY-1247)CD
味のある紙質の三面デジパック仕様の約51分8曲入り。
日本仕様版は歌詞の和訳付。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/879-83618c26

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (405)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん