なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

GENOCIDE SHRINES『Devanation Monumentemples』

GENOCIDE SHRINES


南アジアのスリランカの“ドゥーム/グラインド・コア・バンド”による7曲入りのレコード。

オープニングをはじめとして宗教音楽や民俗音楽みたいな音楽も挿入された
グラインド・コア/スラッジの熱い熱いぬかるみにむせ返る。
BOLT THROWERのような“クラスト・デス・メタル”のスロー・パートでタメを利かせつつ、
どろどろどろどろのたうちまわるグラインディングに息を呑む。

頭デッカチなアナーコとは佇まいが根本的に違う。
スピリチュアルな響きも
地を這いまくるサウンドも
呪詛に満ちたヴォーカルも
不穏極まりない。
ポーズでこういう音像は作れない。
気合いとか以前に“念”が荒い息をしている

シンハリ人(シンハラ人)とタミル人、
政府と過激派“タミル・イーラム解放の虎(LTTE)”の争いで長年カオティックな状態が続いた国である。
意識的に“狙った”ところもあろうが、
インナーシートの“アー写”で見せているメンバー4人のテロリスティックなヴィジュアルも
芝居がかっているようには思えない。
テロリストに拉致される危機感が漂う。
生々しい。

アメリカのNO FAITH
“バスク祖国と自由(ETA)”で知られるスペイン/バスク地方のバンドのBILLY BAO、
タイプは違うがイスラエルのPOOCHLATZが好き方も探す価値あり。


★GENOCIDE SHRINES『Devanation Monumentemples』(IRON BONEHEAD IBP 135)12”EP
厚手の紙のインナーシート封入。


スポンサーサイト

コメント

内戦の犠牲

おはようございます。とりあえず長年の【スリランカ内戦】が終結して良かったです。犠牲を強いられるのはいつも民間人ですから。

検視官さん、ありがとうございます。
スリランカも目立たないですが内戦が続いていましたからね。ロック・バンドのリリースもあまり伝わってこない国からというのもポイントです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/892-af076edc

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん