なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

SPLITS『The Splits』

The Splits P. TRASH


フィンランドの女性4人の“パンク系オルタナティヴ・ロック・バンド”
The SPLITSによるファースト・アルバム。

たとえるのが難しいが、
KILL ROCK STARS Records周辺の米国北西部の女性主体のバンドも思い出す。
“SLEATER-KINNEY meets BABES IN TOYLAND”な曲に、
いわゆるルート弾きが中心のベースが入ってパンク・ロックっぽくなったかのようである。

インディ・ロックと呼ぶにはエネルギッシュな
パンク~オルタナティヴなロックンロール感覚のサウンドだ。
粗削りのプレイでrawな音の仕上がりだが、
ローファイを売りにするバンドではない。
女性が自分自身のビートで鳴らすバンドならではのリズム感の綱渡りのスリル。
オトコのリズムに従う気はさらさらない思い切りのいい音に胸がすく。

がちゃがちゃ鳴っている音の中から這い出て突き抜けようとするヴォーカル。
切なく胸がぎゅぎゅぎゅっとしめつけられる。
歌詞は英語。
“私とあなたの関係”を“会話”というより“対話”で綴る。
対象に向き合っている誠実な歌と歌と歌。
“I don’t care”と歌いつつ“crazy for you”とも歌う。
サウンドと共振して、
バンド名通りに“裂け目”や“不和”がモチーフのひとつに思える歌詞にもグッとくる一枚。


★SPLITS『The Splits』(P. TRASH No Number)LP
歌詞とメンバー写真で彩ったオールカラーのインナー・シート封入。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/896-7ae6288e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん