なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

NO MORE ART『Tough To Breathe』

NO+MORE+ART縲撒ough+To+Breathe縲剰ヲ∫クョ蟆上°・歙convert_20121110095635


女性シンガーがギターを弾きながら歌うツイン・ギターの4人組、
NO MORE ARTの2枚目の7”レコード。

たった2曲しか入ってないが、
なんて濃密な歌と音なんだろう。
一瞬にして目が覚める。

GORILLA ANGREBやMASSHYSTERI以降と言える、
胸が締めつけられる旋律に覆われて純なビートが貫く現在進行形のパンク・ロック。
BORN/DEADやRED DONSで活動してきたギタリストなどの男性メンバーの演奏といい、
シンガーの歌声といい、
珠玉のソングライティングといい、
瑞々しくてまっすぐでこっちの姿勢が正されるほどだ。
シングルのタイトルどおりに“息をするのも困難”ながらも突き抜けようとするサウンド。
そこはかとなく自立心がみなぎる歌詞もハードコア以降の最良の価値観の凝縮だ。

わざとらしいバンドがえらく幼稚に映る。
NO MORE ARTはいい意味で大人。
自分自身をそのまま出す。
なぜなら自信があるから。
ていねいなジャケットの作りも味わい深くたいへん素晴らしい。
やはり自分たちのひとつひとつの“表現”に対する愛と責任を感じさせる。

これまたアルバムが待たれるバンドだ。
グレイト!


★NO MORE ART『Tough To Breathe』(DERANGED DY217)7”


スポンサーサイト

コメント

確かにです!


早くフルのアルバムが出てほしいバンドですね!


しっかりインナーも付属されている所もポイント高いです!

ITOさん、書き込みありがとうございます。
地味かもしれませんが、どこもかしこも地に足のついた表現になっていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/900-1b2753b0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (95)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん