なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

WHITE LUNG『White Lung』

WHITE LUNG


ギタリスト以外のメンバーが全員女性のカナダの4人組のパンク・ロック・バンドが、
今年のベスト・リリースの一つであるセカンド・アルバム『Sorry』に続いて発表した2曲入り。

A面の「Two Of You」は、
いきなりレコード・プレイヤーの回転数を間違えたと思わせるギターが
The SMITHS時代のジョニー・マーがハードコア化したみたいで、
ねじまがりながらまっすぐ走り抜けるサウンドに引き込まれる。
B面の「Hunting Holiday」はハードコア・パンクのテンポで走りながら音が弾む。
はつらつとしているようで人間関係の憂鬱を背負ったかのようなヴォーカルは喉を震わせて突き抜ける。
独りでも生きるために。

どちらも息をつく間も与えずにあっというま。
まさにパンク・ロックである。
なぜWHITE LUNGが片面1曲ずつのフォーマットでこの2曲を発表したのか、
なんとなくわかる。
一曲一曲にしっかりと向き合ってほしいかのような楽曲なのだ。

レコードの回転数の“45RPM(45 Revolution Per Minute)”どおりに、
毎分45回の革命がスピーカーの間で起きている強力なレコード。
今回も間違い無し!である。


★WHITE LUNG『White Lung』(SABOTAGE No Number)7”+DLクーポン


スポンサーサイト

コメント

スピードの問題じゃないと思いますが、今までの曲で1番速いですよね。ぼくもこの片面1曲づつっていうのは良いなぁと思いました。ぼくのは、A面とB面が反対でした(笑)たいした問題じゃないです。

私的には2012年作品、一番のアナログです!


毎回、毎回圧倒されますこのバンドには!


33回転で聴いてみても意外に面白かったですo(^-^)o


2013年も楽しみですね!

書き込みありがとうございます。
>かくさん
スピード感はビートと速さとは違いますからね。片面1曲ずつのレコードは割高かもしれませんが、そういうフォーマットならではの大切なものを思い起こさせるレコードは今もたくさんリリースされているというわけです。
>ITOさん
最初の7"レコードから買っていますが、ハズレのないバンドでコンスタントなリリースもたのもしいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/902-7b7679fc

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん