なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

井上侑 at 東新宿・真昼の月 夜の太陽 5月31日

井上侑 ずっと好きだった


愛媛県松山市生まれで東京都練馬区育ちの2007年CDデビューのシンガーソングライター、
井上侑のワンマン・ライヴ。
サークルKサンクスとK-mixの共同開発商品“みかんの炭酸水 そうだ!ちゅう”のオリジナル・ソングがタイトル曲の、
2015年 第1弾シングルの3曲入りCD『ずっと好きだった』(↑の画像がジャケット)先行リリース・ライヴで、
“うたう”と題されたコンサートである。


路上も含めて毎年120本以上のライヴ活動を続けている人である。
ワンマン・ライヴは毎回場所を変えてやる人でもあり、
僕も“こんなライヴ・スペースがあったのか……”と毎回フレッシュな気持ちでステージに向かい合える。
どんどんどんどん曲を作って出来立てホヤホヤ新鮮なままライヴで披露していくスタイルというのも相まって、
同じライヴは二度としない人でもあるから毎回驚かされるのだ。

とはいえ僕も2年ぶりのライヴ。
他の人を観るために出向いたライヴ・ハウスでたまたま観てまっすぐなプレイに殺られ、
当時唯一の単独作のデビューCD『さようなら』(2007年)とオムニバスCDを物販で即買った時は子供っぽかったが、
久々に観て巻き髪が目立つ“イイ女モード”になっていてビックリした。

とはいえ変わってない。
根がシャイながら根がオチャメで愛嬌たんまり。
礼儀正しい本質的な意味での“芸人”である。
彼女が意図してなかろうがちょっとしたトークや失敗で失笑させるたくましいステージ運びは、
色々な場での超精力的なライヴ活動で鍛え上げられてきたからに他ならない。

もちろんそういう砕けたところは音楽がビシッ!としているからこそ映える。
彼女みたいにピアノが核のシンガーンソングライターには合わない言葉なのを承知の上で書くと、
気合が入っていた。
確実に、確実に、さらに、パワーアップした喉を震わせてパンチの効いた声をポップにぶつけてきた。


滑らかでリズミカルな演奏の(電子)ピアノを弾きながら歌うことでヴォーカルが活きるミュージシャンだし、
その弾き語り独演でのライヴが中心の人だが、
この晩は弾き語り独演スタイルをほとんど封印したのがポイントだった。
前半と後半は電子ピアノを弾きながら歌ってはいたが、
越智祐介(ds、p、コーラス)と平田崇(g、b、コーラス)がほとんどの曲でサポートし、
スペシャル・ゲストとして終盤では前島風(g、コーラス)も参加した。

井上侑20150531

今回のライヴのキーワードである“うたう”が際立ったのは井上がヴォーカルに専念した中盤で、
特に越智が電子ピアノを弾いて井上侑が“高椅子”に腰かけながら歌うコーナーが新鮮だった。
バンド演奏をバックにして井上がヴォーカルに徹するコーナーはこれまでも何度か観たが、
自分でも弾けるピアノを他のミュージシャンが演奏しているかたわらで井上が歌うだけのシーンはレアだ。

そのコーナーで井上は自作曲だけでなく
槇原敬之の「LOVE LETTER」や子供の頃に合唱団や声楽をやっていた時の曲も披露。
特にその後者では、
か細いようでストロングな井上の発声や作曲に潜むクラシックの要素のという彼女のルーツをさりげなく覗かせ、
歌わせてもらえていることに対する感謝を込めた曲「歌よ ありがとう」のカヴァーでは井上が感涙。
その曲が終わった後すかさずバンド・メンバーの平田が出てきて
涙で目の周りのメイクが崩れかけた井上に“化粧直し”を薦め、
越智は井上の隠れ名曲「ポテト」を電子ピアノで弾き始めて平田が続いて弾くナイス・フォローを行ない、
ステージに再登場してきた井上がその歌詞の“ぼくは おいもに生まれたよ♪”と歌で入る
嬉しいハプニングもあった。


井上侑のライヴを久々に観て、
こんなに歌うのが好きなことが伝わってくる人はいないとあらためて思ったし、
こんなに歌う喜びを全身から発している人はいないとあらためて思った。
なにしろ歌っているときの顔がいい。
思いっきり笑顔なのか目を閉じているか判別不能なのだが、
思いっきり歌の世界に入り込んでいるがゆえにそうなる井上の顔が大好きだ。

歌うだけでなく個性いっぱいの作詞作曲の才覚にも生で感じてあらためてうならされた。
彼女自身はそんなに親しんでなくてそういうアーティストに影響された歌手には触発されてそうだが、
70年代の米国の歌ものポピュラー・ミュージックをポップにアップデートしている。
もちろん時間をかけて作っている曲も多いが、
ちょっとしたモチーフでの速攻ソングライティングも得意。
だからわざとらしい作為の入り込む余地がなく曲が純なのである。
3曲すべてが静岡ゆかりのセレクションの最新シングルのCD『ずっと好きだった』に収録で、
歌詞に出てくるヤブ蚊と格闘するアクションもライヴで見せた曲「高速道路~浜松北のバス停で~」もその一つだ。

ラヴソングも増えてきているが、
“飲食物ネタ”の曲が目立ち、
そういう曲は取りも直さず突き詰めれば生物に関する歌になる。
実際“動物ネタ”の曲も多いのだが、
人間だけでなく生き物(≒食べ物)への感謝を謙虚な姿勢で綴って個人的に惚れ直した
2014年のシングルの名曲「釜揚げしらす」をはじめ、
さりげなく主張を込めた曲の数々も素敵なのだ。
他者を責め立てることなくさりげなく“侠気”を見せる。
さすが獅子座の女である。
ずっとニコニコニコニコしてはいるが、
ずっと気持は凛と立っている。
それが井上侑である。

ただしシリアスなその曲「釜揚げしらす」を披露する際、
その前にやった仮タイトルが「お風呂」という新曲の歌詞が混ざった歌い出しでズッコケてやり直した。
それも井上侑である。

なごみムードながら、
そういう雰囲気のライヴに多い身内ノリみたいなものがMCにも感じられなくて開かれていたのも好きだ。
路上やフリーライヴなどで
自分を知らない人たちの前でライヴをやる機会も非常に多いパフォーマーならではである。
井上侑は“閉じられた空間”で甘えることはない。


新大久保EARTHDOMを北上する感じで新宿駅から北西に徒歩20分弱で100人も入れば満員になりそうな
“真昼の月 夜の太陽”という静かでナイスな場所も相まって、
約2時間、いい時間を過ごせた。


Suzi Quatro『The Girl From Detroit City』

Suzi Quatro『The Girl From Detroit City』


女性ロッカー!のイメージを打ち立てた米国デトロイト生まれの“シンガーソング・ベーシスト”、
スージー・クアトロの4枚組CDの編集盤。
1965年のPLEASURE SEEKERS時代の曲から72年のソロ・デビュー・シングルに続き、
2005年頃までの音源をパックした全82曲入りだ。

80年代半ば以降はリリース・ペースに波があるとはいえ、
かなりの数の音源を発表してきている人だからむろん全曲収録ではないが、
レア音源多数のベスト・セレクションの構成と言えるだろう。


ソロ・デビューした直後から日本でも人気があったようで
(日本盤のシングルのジャケット写真も本作のブックレットに多数掲載)、
音楽自体はリアル・タイムでフォローしてはいなかったが、
個人的にはロックに目覚めた70年代半ばに音楽雑誌のグラビアで目にした
レザーのつなぎ(≒キャットスーツ)姿がまぶしく映ったもんである。

女性ロッカーの見本にもなったそういうヴィジュアル面もさることながら、
男性の演奏陣をバックにして歌うロック・シンガーとは違い、
女性がロック・バンドで演奏することが珍しい時代にスージーの影響は大きい。
TALKING HEADSをはじめとして
他のメンバーが男性の中で紅一点がベーシストというバンドがけっこう多いが、
ベースは女性!というイメージもスージーから始まっている気がする。
しかもスージーはベースを弾きながら歌う。
ギターを弾きながら歌う女性シンガーは昔から少なくなかったが、
“ベース弾き語り”は男性ミュージシャンでも多くはなかった時代だ。
低音がアソコに響くからベースを弾きながら歌う・・・みたいな伝説的な発言も、
ロックンロールのセクシャルなヴァイブレイションそのものである。

といってもギラギラしたギンギンのロックだけではないし、
むしろそういう曲は本作全体の中で一部だ。
けどそれがスージー・クアトロの生き様。
“人生いろいろ”ということを考えさせられる。
極初期はガレージ・ロック、
ソロ・デビュー後はグラム・ロックンロール、
80年代はバラードも含めてアメリカのメインストリームのロックのサウンドに接近・・・、
いやいつでもポップな彼女は常にメインストリームを意識していたように思える。

部分部分の抜粋の作りだからこれで彼女の歩みを判断することはできないが、
色々な表情が凝縮されているだろうし、
80年代以降をフォローしてない人にもありがたいブツである。
ハードカヴァーのブック仕様で、
本人の言葉をたっぷり盛り込んだ曲ごとの詳細な解説/ライナーと写真満載の60ページを綴じ込み。
たいへん丁寧な作りのグレイト・リイシューだ。


★Suzi Quatro『The Girl From Detroit City』(CHERRY RED GLAMBOX 150)4CD
実際のパッケージ表の写真は↑の画像よりもっと黒色が濃い目。


MAMIFFER『Statu Nascendi』

MAMIFFER DYMC-235


公私共にわたるパートナーのアーロン・ターナー(g~元ISIS、現OLD MAN GLOOM他)との
デュオ編成が数年前から基本になっている、
フェイス・コロッチャ(vo、kbd)が始めた米国のユニット
MAMIFFERのオリジナル・フル・アルバムとしては3作目に数えられる作品。

SUNN O)))やEARTHAKRON/FAMILYも手掛けたランダル・ダンとの共同プロデュースの本編は
約37分4曲入り。
ドローンも溶け込んでいながらアンビエントものというより歌ものとも言える仕上がりだ。
たおやかで清楚な佇まいはCOCTEAU TWINSの静謐な曲のようだし、
それほど重くはないしモダンながら音楽スタイル的には60年代末から70年代前半のニコの作品との接点もあり、
ほとんどピアノ弾き語りに聞こえる曲やフォーキーなヘヴィ・チューンも聴きどころである。
やや暗めながらゴス系に多い芝居がかったところがまったくなく、
オーガニックな“女性ヴォーカル・アンビエント・ミュージック”としても楽しめるアルバムだ。

日本盤はカセットで発表した2008~2011年レコーディングの3曲を収めた約29分のCDも付いている。
2曲はアーロンが関わってなく、
初期MAMIFFERを支えたアレックス・バーネットとフェイス・コロッチャのデュオによる録音。
もう一曲はそこにアーロンが加わった3人でのパフォーマンスだ。
全体的にノイズ/アンビエント・ミュージック色がやや強めで、
一曲は観客を前にしたライヴ・レコーディングならではの緊張感が味わえる。


★マミファー『スタトゥ・ナセンディ』(デイメア・レコーディングス DYMC-235)2CD
コロッチャがデザイン等を行なった12ページのブックレット封入の二つ折り紙ジャケット仕様。
日本盤は本編のCDの他に約29分3曲入りのCD付で、
本編もCDでのリリースは日本のみとのことだ。


Syoko『Turbulence』

syokoジャケット写真SS-961


84年のオムニバス盤『時の葬列』にも参加していたバンドのG-SCHMITT(ゲー・シュミット)を率いた、
Syoko(vo)が92年にリリースした唯一のソロ・フル・アルバムのリマスタリング+SHM-CD仕様でのリイシュー。
ライナーを書かせてもらいました。

礼儀上あまりダブらないようにここでは簡潔に紹介させていただく。

最初のソロ作のミニ・アルバム『SOIL 未来の記憶』(86年)は、
実質的に当時『風の谷のナウシカ』の映画音楽で脚光を浴び始めていた久石譲とのコラボレーション作であり、
G-SCHMITTが深いところに進む前夜の作品だった。
でもこれはG-SCHMITTの活動が止まった後のフル・アルバムで、
彼女のセルフ・プロデュース作である。

オリジナル盤のCDが大メジャー・レコード会社のWEAジャパンから発売されたことも納得の、
メジャー感が漂う音の仕上がりではある。
だが売れ線にはならなかった。
それもまたSyokoの“性(さが)”だろう。

打ち込みらしき音も聞こえてくるし曲によって参加ミュージシャンが異なるとはいえ、
生ドラムを使ったバンド編成でのレコーディングがほとんどだ
ブラボー小松(g~元・東京ブラボーほか)や矢壁アツノブ(ds~元PINK)
BANANA(kbd)、マサユキ・ミナト(ds)も参加。
語りの1曲でJOJO広重(非常階段)のノイズ・ギターがいい味を出していることも特筆したい
(ここでのプレイはSLAP HAPPY HUMPHREYや沢口みきや広重の一連のソロ作につながっている)。

音はメインで演奏しているミュージシャンたちの色が表われていて、
ニューウェイヴを通過した後の日本のメジャー・ロックの質感のサウンドと言える。
リマスタリング+SHM-CDの効果が絶大の鮮やかな響きなのだ。
大半の曲では後期G-SCHMITT以上にビートが効き、
曲によってはスラップ・ベースも聞こえてくるほどである。
G-SCHMITT時代に多少なりとも漂っていたゴス・イメージはほとんどない。
かといって明るいわけでもない。

ポップな曲をやっても下世話にはならない。
遊佐未森っぽい曲調で歌っても癒し系にはならない。
もちろんサブカル系になることはありえない。
すべては凛としたSyokoの声の為せるわざである。

ジャケット写真と同じく
音もG-SCHMITT時代より濃いメイクに思える。
初期を除けば東京でやったG-SCHMITTのライヴはほとんど観に行っていただけに、
このアルバムがリリースされて聴いたときはえらく切なかったし、
今聴いても切ない気持ちになる。
切ないメロディで泣かせる作風ではないのだがそうなってしまうアルバムだ。


★Syoko『Turbulence』(SS Recordings SS-961)SHM-CD
二つ折りの厚手の紙ジャケット仕様で見開きの右側の部分にはレコーディング・クレジットが載っており、
歌詞カードは別に封入されている。
アルバム・カヴァーの表全部を覆う“帯”付。
7月25日(金)発売。


浜田真理子『Live. La solitude』

浜田真理子 ライヴ SFS-017-1


島根県の松江を拠点にするシンガーソングライター、
浜田真理子のピアノ弾き語りによる9年ぶりのライヴ盤。
映画館を改造した段差のあるライヴ・スペースの渋谷WWWにおける
昨年11月20日のパフォーマンスを約63分12曲収めている。
録音とミックスとマスタリングのエンジニアはお馴染みのzAKが務めた。


このCDの制作ポイントは
セルフ・プロデュースもした浜田のセルフ・ライナーに詳しいから、
ここでは割愛させていただく。
一言でいえばスタジオ録音アルバムと同じようにはしてないということだ。

その一つがカヴァー中心の“セットリスト”である。
下田逸郎の「早く抱いて」、
唱歌の「りんごのひとりごと」、
クラシックのジョルジュ・ビゼーの作曲で堀内敬三り作詞による「ハバネラ」、
岡林信康の「君に捧げるラブ・ソング」、
レナード・コーエンの「Hallelujah」、
浅川マキの「夕凪のとき」、
小坂忠の「機関車」、
エディット・ピアフの曲の“越路吹雪ヴァージョン”の「愛の賛歌」
を歌っている。
竹を割ったような浜田が書く曲と同じく、
浜田が歌うカヴァーもラブ・ソング中心に率直な歌ばかりなのがポイントだ。

カヴァーが多いセットリストだからこそ一層、
自意識が静かに屹立する4曲のオリジナル曲がまぶしい。
そのことを象徴するのが資生堂のCM用に書き下ろした初音源化曲の「Love You Long」で、
例によってまっすぐなラブ・ソングである。
昨年のアルバム『But Beautiful』に収めた「ミシン」、
インスト・ナンバーの「予感」、
98年リリースのデビュー・アルバム『mariko』収録曲の“はすっぱ”な名曲「Mariko's BLUES」という、
絶妙のバランス感覚の選曲も心憎い。

ライヴで歌う時とスタジオ録音で歌う時の違いが肌で感じられる仕上がりになっている。
切々と、
かつクールに、
舌触りがさらりとしているにもかかわらず曲を喉でころがすように歌う。
曲との距離を置きながら口移しで情感をゆっくりと注ぎ込む。
“りんごりんごりんご~♪”のフレーズが涼しい「りんごのひとりごと」も
艶やかに歌いあげるのが真理子流。
ますます品が良く官能的に響く浜田のピアノ演奏も相まって、
どの曲もいい意味で重みがある。

曲間で浜田のMCと観客の拍手は聞こえてこない。
ぼくはこの日を観てないから実際のライヴでどうだったのかはわからないが、
今まで観た浜田のライヴではどちらもゼロということはなかったからカットしたと思われる。
そういった編集によって適度に張りつめた心地よい時間と空間が味わえるCDだ。

背筋が伸びる一枚。


★浜田真理子『Live. La solitude』(美音堂 SFS-017)CD
セルフ・ライナーと初出の曲「Love You Long」の歌詞が載った8ページのブックレット封入の
厚手の紙の二つ折りジャケット仕様。
毎度のことながら帯も含めて紙質やレイアウトにも気を使ったたいへん丁寧な仕上がりである。


« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん