なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

『洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑 vol.3 1978-1985』(本)

洋楽ロックポップス・アルバム3


レコード・コレクターズ誌増刊として出た『洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑』の第三弾。
計48タイトルのアルバムを書かせてもらいました。


今回も米英のナショナル・チャート上位に入ったヒット・アルバムがほとんどを占めるテーマの本だが、
リアル・タイムで聴いたアルバムがほとんどなかったvol.1vol.2とは違い、
個人的に今回はリアル・タイムで聴いたものが多かっただけに色々とはせる思いがあった。
やっぱりリリースと同時代に体験しているものは後追いのものと違い、
あらためて聴くにしても当時の自分の気持ちや色々な状況をダブらせて楽しめ、
普段あまり抱かない懐かしい気分にも浸った。
とはいえロックだけでなくヒットしたポピュラー・ミュージック作すべてを含むため、
ページをめくっていくと結局この本に載っているアルバム自体は聴いたことがないものが多かった。
とはいえ、
当時かじりついたラジオから流れ続けて嫌でも覚えたシングル曲だけは聴き馴染んだアーティストも多い。

自分が書いたアルバムを今回聴き続けてあらためて気づいた。
特に80年代前半の米国のヒット・アルバムは“糖分脂肪採りすぎ”で“カロリー過多”の音が目立ち、
こういうのばかり浴びていると“全身の胃がもたれる”ほどで“脳ミソがメタボ必至”と思った。

この時代のパンク云々の観点で見ると、
英国のパンクはまだ当時ヒットした自国のアーティストとリンクする部分が多少ある。
といっても、
多少ナショナル・チャートに食い込んだアルバムもあったにせよ
80年代にレコード・デビューしたパンク・バンドはチャート上位には入らなかったため一つも載ってない。
70年代デビュー組もSEX PISTOLS、CLASH、DAMNED、JAM、STRANGLERSのみの収録で、
彼らがなぜ“(英国)5大パンク・バンド”と呼ばれてしまっているかを客観的な事実で突きつける。
かたや当時の米国のパンクは自国のヒット・アルバムと接点がほとんどなく、
この本に載っているパンク・ロック・アルバムはRAMONESの『End Of The Century』一枚だけで、
洗練メイン・ストリーム・ロックの反動でUSハードコア/地下ロックが生れたことが納得もできる。

もちろんジャケット写真はオールカラーでしっかりした印刷で仕上げられているから
ページをパラパラめくって眺めているだけでも当時の匂いが香ってくる重み十分の本だ。


このシリーズは今回でひとまず終了とのことだが、
この後の混乱の時代の本も見てみたくなる。


★『洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑 VOL3 1978-1985』
湯浅学監修
定価2400円(本体2222円)
A5判312ページ


レコード・コレクターズ 2017年3月号

RC-201703.jpg


【特集】ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生
●ブリティッシュ・ハード・ロック・アルバム選 1966-1971
ブリティッシュ・ハード・ロック黎明期のアルバムの11タイトルを書かせてもらいました。


●パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)
『Metal Box』『Album』のデラックス・エディションの紹介原稿。


●リイシュー・アルバム・ガイド
★マーク・ボラン(T・レックス)『トゥーペニー・プリンス』
★イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ『テルリック・カオス~ライヴ・イン・シブヤ 2004』
★ブルース・スプリングスティーン『チャプター・アンド・ヴァース』(LP)
★ガール
・『シアー・グリード』
・『ウエステッド・ユース』

BLADES『Surf City Punkrock』
★BLADES『Surf City Punkrock』(GUMMOPUNX GPR023)LP


レコード・コレクターズ 2017年2月号

RC-201702.jpg


●【特集】リイシュー・アルバム・ベスト10
★パンク/ニュー・ウェイヴ部門
今年も選ばせてもらいました。


●書評『戸川純全歌詞解説集』


●ニュー・アルバム・ピックアップ
メタリカ『ハードワイアード』


●リイシュー・アルバム・ガイド
MISFITS『Last Caress Live In Detroit 1983 FM Broadcast』
★MISFITS『Last Caress : Live In Detroit 1983 FM Broadcast』(RADIO.X RXXX1983CD)CD


レコード・コレクターズ 2017年1月号

RC-201701_20161223012738336.jpg


●『GARAGE ROCKIN' CRAZE』映画評


●ニュー・アルバム・ピックアップ
★イギー・ポップ『ポスト・ポップ・ディプレッション』


●リイシュー・アルバム・ガイド
★サミー・ヘイガー
・『ナイン・オン・ア・テン・スケール+1』
・『サミー・ヘイガー+2』
・『ミュージカル・チェアーズ+1』
・『オール・ナイト・ロング+1』
・『ストリート・マシーン+2』
・『バイオレンスの逆襲+1』
★ミック・ロンソン
・『十番街の殺人』
・『ギターでぶっとばせ』
★ソウル・アサイラム『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ソウル・アサイラム』

Dow Jones and The INDUSTRIALS
★Dow Jones and The INDUSTRIALS『Can't Stand The Midwest 1979-1981』(FAMILY VINEYARD FV72)CD


レコード・コレクターズ 2016年12月号

RC-201612.jpg


The POP GROUP Honeymoon-On-Mars
マーク・スチュワートザ・ポップ・グループ
インタヴュー


●書評『地下音楽への招待』
余談だが、
91年に僕が担当する前のミュージック・マガジン誌の“自主制作盤”コーナーの歴代執筆者3氏が、
本書を“形作っている”(本編に竹田賢一と藤本和男が登場し、担当編集者が加藤彰)。
なので僕がレヴューしたのも必然かもしれない。


●リイシュー・アルバム・ガイド
★パズル『パズル』
ルー・リード『ワルチング・マチルダ~ストリート・ハッスル・ツアー1978』
★マテリアルシュラハト『マテリアルシュラハト』

Pete Shelley微妙に違う
Pete Shelley『Cinema Music & Wallpaper Sounds』(CAROLINE TRUE  CTRUE18CD)CD
CDの現物ジャケットは↑のデザインのものと多少異なります。


« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (244)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (407)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん