なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

川島誠(Makoto KAWASHIMA)『Dialogue』

川島誠『Dialogue』


2008年から埼玉県を拠点にアルト・サックスの即興演奏を始め、
2011年に『Solo』でCDデビューした川島誠(alto sax)の新作。
川島のライヴの根城である埼玉県入間郡越生町のギャラリィ&カフェ山猫軒で録音し、
自主制作レーベルの“ホモサケル・レコード”からリリースしたCDである。

むろんアルト・サックス一本勝負で、
19分間に想いを凝縮した1トラック入りだ。


いきなり消え入りそうな音のオープニングからまもなく無限に音がふくらむ。
じっくりと、ゆっくりと、ひめやかに、肝の据わった音の出し方で、
つややかで、のびやかで、もの寂しい音色が空間に広がる。
てらいなくクールに感情にタメを効かせ、
身を削って、一音、一音、紡ぎ出しているようなヒリヒリした響き。
はらわたから音を震わせているから、
はらわたが音で震わされる。
こわれそうなほど強直なストロング・スタイルの音に胸がすくばかりだ。

“対話”を意味するCDタイトルは映画などのセリフも意味するから一概には言えないが、
“dialogue”はやや軽めの“会話”のニュアンスの“conversation”とはやっぱり違う重みがある。
一種の“対峙”みたいに感じで話を交わす印象の言葉で、
“真剣勝負!”みたいな堅苦しい作品ではないが、
やっぱりこれはしっかりと真正面から向き合っている対話の音楽だ。
特定の人との“dialogue”であり、
聴き手との“dialogue”であり、
おのれ自身との“dialogue”である。

その“特定の人”として想像できる人たちが、
ジャケット裏面に“スペシャル・サンクス”としてリスト・アップされている。
阿部薫がよくライヴをやっていた福島市のカフェ・パスタンのママだった故・松坂敏子らとともに、
東京で80年代半ばから活動していたPSF Recordsの主宰者の故・生悦住英夫もクレジットされている。
川島の2015年のアルバム『Homo sacer』は結果的ながらPSF Recordsのラスト・リリースになったが、
これはサイケデリック音楽や前衛音楽とともに生悦住が大好きだった“本物の演歌”でもある。
喉を震わせているアカペラの歌謡ブルースのようであり、
まさに“歌う”アルト・サックスが、
おくゆかしく熱い“うたごころ”をたたえているのだ。

屋台のラーメン屋さんのチャルメラにも通じる郷愁を誘う人懐こいメロディにもあふれている。
大衆酒場でケンカしている輩が、
このCDが鳴った途端に争いを止めて聴き入って涙するみたいな光景もイメージできる。
そんな夕暮れ、そして早朝の息吹も聞こえてくる。

インプロヴィゼイションかもしれないが、
一瞬一瞬、瞬間瞬間、ひと時ひと時で歌を紡ぎ、
心に残るメロディをつなげて連なった音は絶えることのない“生”である。
すすり泣きや嗚咽みたいな音も漏れてくるから哀歌や悲歌にも聞こえるが、
センチメンタルに逃げない胆力に打たれるばかりだ。

これまたほんとグレイト。
新たなる名盤と言い切れる。


★川島誠『Dialogue』(Homosacer HMSD-003)CD
川島自身が手がけたアルバム・カヴァーのカードボード状のペーパー・スリーヴ仕様。
http://kanpanelra.wixsite.com/homosacerrecords


加藤崇之×早川岳晴×藤掛正隆『崖っぷちセッション・リマスター』

崖っぷちセッション・リマスター


加藤崇之(g)と早川岳晴(b)と藤掛正隆(ds、エレクトロニクス)によるライヴ・レコーディング盤。
以前2枚のCD-Rで発表した音源のリマスタリングCDリイシューだ。
今年『Trio Edge』を出したトリオで、
今回のCDも早川と藤掛によるフリー・セッション・シリーズの“崖っぷちセッション”に
加藤が“参戦”した時の実況録音である。


本編の6曲は2007年に東京・荻窪のルースター・ノースサイドでやったライヴ。
2007年にCD-R盤で少数出していた『from Gakeppuchi Session』(FCDR-2007)が元だ。
「track A」「track B」~といった曲名から察するにインプロヴィゼイション演奏と思われるが、
“作曲された曲”にも聞こえる。
藤掛の好エディットも奏功しているというのもあるが、
演奏がダラダラしていなくてフリー・フォームながら引き締まっているからだ。

ジャズ・ロックに聞こえるところも多いが、
ファンクやダブ、ラテン音楽、民俗音楽、アンビエント・ミュージックなどなど、
“音楽モラル”なんて関係なくナチュラル・ブレンドされている。
静かなパートを設けつつ、
もったいぶって小難しくせず、
3人ともかなり持っている演奏テクニックに溺れず、
あくまでもダイナミックに展開。
音は強靭だし、
ほとんどの曲は加速し、
のびのびとクールな情熱を炸裂させている。

シリアスだが、
さりげなく頓智の効いた音も鳴らし飛ばす。
普段やっている音楽とはかけ離れているだけに、
加藤流の硬質なハード・ロック・ギター・リフとハード・ロック・ギター・ソロも聴きどころだ。


ボーナス・トラックとして2014年に横浜のストーミー・マンデイでやったライヴを1曲追加。
前述の『Trio Edge』のレコーディング時のアウトテイク「Last Drive」で、
そのCD発売記念ライヴ時に限定配布されたCD-R(FCDR-2026)に入っていた曲である。
グルーヴィなリズム隊と謎の音を発し続ける加藤が拡散と収斂を繰り返しながら、
本作の締めにふさわしい加速でデッドヒートする。


いずれも藤掛のドラムがいい意味でジャズにならないのが大きい。
NEUROSISのレーベルから2001年に『10,000 Light Years』を出した頃のZENI GEVAのメンバーで、
当時並行してBAKI(GASTUNK)や諸田コウ(元DOOM)らと#9をやっていたぐらいだし、
根がどうしょうもなくロックなのだ。
だから全体が肉体的。
そんな大切なことをあらためて思わせもする一枚である。


★加藤崇之×早川岳晴×藤掛正隆『崖っぷちセッション・リマスター』(FULLDESIGN FDR-2030)CD
薄手のプラケース仕様の約72分7曲入り。


SHORO CLUB『from 1959』

SHORO CLUB


大友良英(エレクトリック・ギター)、
不破大輔(コントラバス、エレクトリック・ベース)、
芳垣安洋(ドラムス、パーカッション)によるバンドの
SHORO CLUB(ショロークラブ)によるライヴを収めたCD。
昨年11月に名古屋の得三でレコーディングされ、
全6曲中の4曲に山本精一(エレクトリック・ギター、ヴォーカル)が参加している。

序盤はカヴァー2連発。
まずオーネット・コールマンの代表曲「Lonely Woman」で、
加速するフリー・ジャズの中からあの有名なメロディが聞こえてきて、
KING CRIMSONのロバート・フリップが数式をかなぐり捨てたようなギターが炸裂する。
続いてはブリジット・フォンテーヌのこれまた代表曲で、
「ラジオのように」という邦題で知られる「Comme à la radio」。
16分に拡長しようがキャッチーな曲の魅力も伝えるテイクだ。

ジャム・セッション風の演奏をはさんで4曲目は
チャーリー・ヘイデンの「First Song」の静かなカヴァー。
5曲目は石川啄木の詩に不破が曲を付けた「ひこうき」だが、
山本が朴訥に歌う曲ならではのまったりトーンで、
研ぎ澄まされたギター・ソロが光る“エレクトリック・フォーク・チューン”に仕上がっている。
そして山本・作詞/大友・作曲の「SORA」を、
ニール・ヤング with CRAZY HORSEも真っ青のギンギンにやって締めるのであった。

“ショローCLUBの回春行脚2016”というタイトルのライヴならではの、
“初老”が気を吐くエネルギッシュなロック演奏もけっこう聴かせるバンド・パフォーマンス。
と同時に不破と芳垣だけでなく大友もやっぱりジャズが基本の人だと勝手に思いもしたが、
山本不参加の曲における大友のヴィオラのような音のメロディアスなギターも聴きどころだ。


★SHORO CLUB『from 1959』(地底 B71F)CD
約66分6曲入りのデジパック仕様。


橋本孝之『ASIA』

橋本孝之 ASIA_jacket


2009年に大阪で結成されたデュオ・ユニットの.es(ドットエス)のメンバーである、
鬼才・橋本孝之(Takayuki Hashimoto)の新作。


2015年にあぶらだこ長谷川静男のメンバーによるkito-mizukumi rouberの正式メンバーとなり、
昨年GUNJOGACRAYONが出した『Gunjogacrayon』では
ほとんどメンバーのようにサックスを吹きまくるなど、
他のアーティストとのコラボレーションにも積極的な音楽家である。

これはハーモニカ独演盤の『SIGNAL』以来の約1年ぶりのソロ4作目だが、
今回は2014年のソロ・デビュー作『COLOURFUL』でも聴かせた橋本のメイン楽器といえる
アルト・サックス独演盤だ。
昨年10月の東京・新宿のART SPACE BAR BUENAにおけるライヴで、
26分42秒“一曲”勝負である。


能書き無し。
言い訳無し。
甘え無し。
間延びしたところもまったく無し。
一度聴いたら一生忘れない泣く子も黙るハードコアなブロウだ。

一瞬一瞬にケリをつけるかの如きストイックなほど強靭なサックスである。
すばしっこく、
時に飄々と、
泣き、鳴き、咆哮する。

ハードボイルドな橋本のヴィジュアルと共振したかのように、
クールに洗練されているようで骨太だ。
陰影に富む音色は艶っぽく、
デリケイトな歌心が豪胆に震える。

すっくとまっすぐに立って真正面を向いてサックスを吹く橋本の演奏姿が目に浮かび、
こっちの姿勢も正される切っ先鋭い響きだ。
吹くほどに研ぎ澄まされ情緒を削ぎ落しているがゆえに生まれた加速が連なり、
無音に聞こえる澱み無き静寂の時間にまた気持ちが引き締まる。

kito-mizukumi rouberのメンバーになっているだけに橋本もくだけることはある。

だが冷厳なほど“弧”を感じさせるアルバムだ。
孤独でもなく孤高でもなく孤立でもない。
“個”として向き合うことを迫られ、
“弧”を実感させる無心の真剣勝負。
おのれと対峙しているからこそ恐ろしく音が屹立している。


美術作家・韮澤アスカの作品を使ったジャケットも鮮烈だ。
今回も自身のポートレート写真を元にしたアルバム・カヴァーにするアイデアもあっただろうが、
.esの“フランチャイズ”でもあるギャラリーノマルで今春開催した彼女の展覧会リリースを見て、
橋本自身がピン!ときて決めたようである。
「(韮澤は)生と死をテーマに持った作家ですので、いろんな意味で、今回の新譜にぴったり」という、
とある関係者の発言に僕も同意する。
異色のようでジャケットを見ながら耳を傾けると、
アジアっぽい旋律を吹いているわけではないにもかかわらず『ASIA』というタイトルもしっくりくるし、
作品トータルでこれまで以上に橋本のイメージがヴィヴィッドに広がっていく。


そしてこのCDは、
レコード店のモダ~ンミュージックの店長でインディ・レーベルのPSF Recordsの主宰者だった、
生悦住英夫を追悼する作品でもある。
個人的にも生悦住が2013年に.esのCD『void』をリリースしなかったら
.esや橋本との出会いはずっと遅れていた。
身内だろうがめったにホメない生悦住が.esと橋本はいつも絶賛していた。

生悦住の他界前の録音だが。
僕には鎮魂歌に聞こえる。

と同時に橋本のサックスが、
普遍的に悼み、
普遍的に鼓舞する響きだとあらめて思わされた。


これぞグレイト。


★橋本孝之『ASIA』(Nomart Editions NOMART-113)CD


太田惠資×加藤崇之×坂本弘道『ELECTRIC』

太田惠資×加藤崇之×坂本弘道


あまりどこかに所属することなく実に多彩な活動を繰り広げている自由人の音楽家3人が、
2014年の10月に行なったライヴを編集したCD。
1956年熊本生まれの太田惠資(ヴァイオリン、ヴォイス)は渋さ知らズにも参加し、
坂本弘道(チェロほか)パスカルズなどのバンド活動のほかに
友川カズキやUAなどのバックで演奏もして舞踊劇の音楽も担当し、
1955年生まれの加藤崇之(ギター、メタル・パーカッション)はこのブログでもお馴染みの奇才だ、

2年前の前作『ACOUSTIC』とは打って変わって“エレクトリック編”とのことである。
曲名から察するに全6曲すべてインプロヴィゼイションのようだが、
本作をリリースしたレーベルの主宰者の藤掛正隆による要所を押さえた簡潔なエディットも奏功し、
聴かせどころを設けた“曲”としてまとめられてCD全体で一つの流れを成している。
一つ一つの響きはシャープに研ぎ澄まされ、
けっこうリズミカルな音の中から彫りの深いメロディが滲み絞り飛び出してくる。

70年代のKING CRIMSONの静かなパート、
特に『Lizard』や『Island』あたりのムードも漂っている。
“数式”から解き放たれたロバート・フリップ(KING CRIMSON)みたいな狂おしいエレクトリック・ギターも聴きどころで、
ブルージーな鉛色のギター・ソロにも痺れる。
映画や演劇に使われるようなアンビエント・チューンも含むし、
フリー・ジャズとチェンバー・ミュージックが交錯したような演奏もスリリングだが、
野獣だか人間だかの叫び声みたいな音声も聞こえてくる飼いならされぬサウンドで、
ロックとしても楽しめる一枚。


★太田惠資×加藤崇之×坂本弘道『ELECTRIC』(FULLDESIGN FDR-2029)CD
薄手のプラケース仕様約44分6曲入り。


« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん